多岐にわたる業務を通して日々、自分の成長を実感”半田 英明 [ 接客部フロント課 ]

私は旅行会社の添乗員から転職して今の仕事に就きました。主にフロント業務を担当していますが、一言にフロント業務と言っても当日の宿泊予約、キャンセルや変更対応、チェックイン・チェックアウト、館内案内、お出迎えやお見送り、観光案内などその内容は様々。お客様と接する時間は多くはありませんが、その中でも些細なきっかけで顔や名前を覚えていただけた時はとても幸せです。またフロント業務には総合知識が求められるので、その知識が一つひとつ増えていき、日々自分で自分の成長を感じられることも、この仕事の醍醐味。これからも滞在中のお客様に安心して過ごしていただけるよう、笑顔を絶やさず、サービス業務を作業ではなく、おもてなしの精神に溢れたものにできるよう、努めていきたいと思います。

“お客様からの言葉が仕事のモチベーションに!”小島 辰浩 [ 社長室 ]

もともと人と接する仕事やサービス業に興味があり、「ただ漠然と仕事をするのではなく、人の記憶に残る仕事がしたい」との思いから決めた就職先。現在は、主にWEBサイトの管理、新着情報の更新、新プランの登録のほか、会計業務、電話での予約や問合せ対応、レストランでの接客など、幅広い業務を担当しています。最もやりがいを感じるのは、お客様に喜んでいただけた時。接客や電話対応時にお客様から直接お礼や喜びの言葉をいただくと、「よし! 次も頑張ろう!」と気合が入り、それが仕事へのモチベーションにもつながります。まだまだ学ぶことばかりですが、今後は先輩方から「君にだったらこの仕事を安心して任せられる」と言われるぐらいの力を身に付けられるように、日々頑張りたいと思います。

“「ありがとう」の一言が一番嬉しい瞬間です” 斎藤慎司 [ 営業部営業課 ]

予約課を経て営業課へ移動となりました。今まではお客様とお電話でのやり取りがほとんどで、お会いする機会は少なかったのですが、今はお客様とお会いして当館のセールスを行っております。旅行会社の方や一般企業の方と直接お会いしてお話することで、細かい要望であったり、ご意見を伺うことができます。また、たくさんの方とお会いして様々なお話を聞くことができるので、刺激的な日々を送っています。打ち合わせからご宿泊まで、当日立ち合いをさせて頂き、最後出発の際に「ありがとう」の一言を頂いたときが一番嬉しく思う瞬間です。

“最高のサービスを極め『松庵』を日本一の宿にしたい。”小楠 舞 [ 松庵 ]

入社当時から『松庵』の客室係として、フロント業務や会計処理、売店などを担当しています。また『れすとらん海音』のレストラン業務も兼務。高校時代から思い描いていた「人と関わり感動を与え、喜んでいただく仕事に就くこと」を叶えることができました。学生時代は実家暮らしで全て親まかせでしたが、サービス業に就き、特にお祝いの席に入るたびに、家族や友達などにも何かしてあげたいという気持ちが大きくなり、相手を喜ばすことがどんどん好きになりました。今はお客様に喜んでいただき、「小楠さんで良かった。またよろしくね」と言われること、そしてまた足を運んで下さることが一番の喜びです。これからも最高のサービスを極め、リピーターさんを増やし、いつか『松庵』を日本一の宿にしたいと思います。

“歴史ある旅館『佐勘』を自他共に認めるNo.1旅館に”太齋 哲朗 [ 営業部営業課 ]

全国からの観光客が多く、様々な出会いがあり、やりがいのある仕事だと感じて旅館への就職を希望。入社7年目の現在は営業として、利用実績のあるお客様、新規一般企業、旅行会社へのセールスに励んでいます。その中で新規のお客様にアポイントを取り、成約をいただく。自分が一から築き上げるセールスで予約をいただくと、何とも言えない喜びが込み上げてきます。また、ご宿泊いただいたお客様へのアンケートで、名指しでお褒めの言葉をいただいたり、「佐勘にして良かった」と書かれていると、とても嬉しく感じます。この喜びを忘れず、宮城県最古の温泉旅館である『佐勘』を、歴史だけでなく自他共に認めるNo.1旅館にすると同時に、私自身も他に負けないセールスマンになれるよう日々仕事に励んでいきます。

トップに戻る